この世界の片隅に 声優 下手

  • 2020年12月21日
  • 未分類

Toda Latinoamérica es territorio Arcade Media. すず、リン、周作、それぞれの“ひみつ”が少しずつ明かされる。 2016年11月12日に公開され、日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、仏・アヌシー国際アニメーション映画祭優秀作品賞など国内外で70以上の賞を受賞するなど大きな反響を呼んだ『この世界の片隅に』。 『この世界の片隅に』声優&登場人物一覧 ... 「この世界の片隅に」、試写会で拝見しました。こうの史代の原作3巻をベースにしながら、あそこまで映画として奥行きを生んだ片渕須直監督の演出の手腕に息 … Un animé japonais en projection gratuite à Bruxelles, En este Rincón del Mundo llega a Latino America. 現在人気の記事は「声優・細谷佳正さん、『さらざんまい』『テニスの王子様』『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』など代表作に選ばれたのは? − アニメキャラクター代表作まとめ(2020年版)」や「MAPPAおすすめアニメ・映画まとめ【2020年版】|最新作『呪術廻戦』『体操ザムライ』などの制作作品を年代順に紹介!」です。, MAPPAおすすめアニメ・映画まとめ【2020年版】|最新作『呪術廻戦』『体操ザムライ』などの制作作品を年代順に紹介!, アニメ映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のBD&DVDが2020年9月25日に発売!片渕須直監督に迫ったドキュメンタリー映画など約300分の映像特典が収録, 『この世界の片隅に』&『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』初出し映像満載のキャスト&スタッフ出演PV公開, 声優・細谷佳正さん、『さらざんまい』『テニスの王子様』『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』など代表作に選ばれたのは? − アニメキャラクター代表作まとめ(2020年版), 「すずさんにカメラをずーっと向けっぱなし」で作られた映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』|片渕須直監督インタビューで語られたアニメへの提案と多様性, アニメ映画『幸福路のチー』絶賛公開中!アニメ評論家・藤津亮太氏より『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』との共通点から作品の魅力に迫ったコラムが到着!, アニメ映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』公開記念舞台挨拶に北條すず役・のんさん、北條周作役・細谷佳正さん、白木リン役・岩井七世さんら登壇! 公式レポート到着!, アニメ映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』公開前に、ドキュメンタリー映画『<片隅>たちと生きる 監督・片渕須直の仕事』の劇場公開と配信が決定!, 12月20日公開のアニメ映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』より、登場人物が抱える”いくつもの想い”を垣間見られる新たな場面写真6点が公開!, 終戦記念日 8月15日に「AbemaTV」にて、映画『この世界の片隅に』を初放送!“100年先も伝えたい、珠玉のアニメーション”, 【グッズ-スタンドポップ】鬼滅の刃 ラバースタンドコレクション 第三弾【アニメイト特典付】, 【その他(書籍)】ありがとう、うちを見つけてくれて 「この世界の片隅に」公式ファンブック, 【ムック】ユリイカ2016年11月号 特集=こうの史代 -『夕凪の街 桜の国』『この世界の片隅に』『ぼおるぺん古事記』から『日の鳥』へ-, 秋アニメ『おちフル』日笠陽子、巽悠衣子、前田玲奈 声優インタビュー【連載第6回後半】, 【キャラクターソング】あんさんぶるスターズ!! 2), coco賞2016 - Twitter上の映画ファンが選ぶ2016年映画ランキング, デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー:大賞は「超歌舞伎 今昔饗宴千本桜」 主演・中村獅童も喜び, 日本アニメーション学会主催 日本アニメーション学会賞 2017 選考結果・贈賞式 のお知らせ, 第3回ジャパン・ツーリズム・アワード受賞団体が決定、大賞は南三陸ホテル観洋の「震災語り部バス」, "この「一同」には、原作のこうの史代さん、片渕須直監督、制作・製作スタッフのみなさん、そしてクラウドファンディングに参加された皆様が含まれます。", 速報2017年度日本インターネット映画大賞日本映画アニメ賞は「この世界の片隅に」に決まりました, TAAF2018アニメ オブ ザ イヤー部門グランプリは『この世界の片隅に』と『けものフレンズ』に決定!, グランプリは映画「探偵はBARにいる3」×北海道札幌市!「第8回ロケーションジャパン大賞」授賞式, 文化庁メディア芸術祭:アニメーション部門大賞に「この世界の片隅に」「夜明け告げるルーのうた」, No.1は「この世界の片隅に」 佐賀新聞記者が勝手に選ぶ!2016シネマベスト10. Brought together by love.』(戦争によって引き裂かれた。愛によって結ばれた。)[226]。, 劇場用に字幕版の他、タイ語[227]、スペイン語(メキシコ)[7]、スペイン語(スペイン)[228]、ドイツ語[229]、英語[230]、フランス語[231]、イタリア語[21]、ロシア語[232]の吹き替え版が制作された。, 題名は、原題に対応する『In This Corner of the World』(英語)、『En este Rincón del Mundo』(スペイン語)、『Góc Khuất Của Thế Giới』(ベトナム語)、『Dans un Recoin de ce Monde』(フランス語)、『In questo Angolo di Mondo』(イタリア語)、『이 세상의 한구석에』(韓国語)、『U ovom kutu svijeta』(クロアチア語)、『V tomto kúte sveta』(スロバキア語)、『В этом уголке мира』(ロシア語)、『בפינה זו של העולם』(ヘブライ語)、『في هذا الركن من العالم』(アラビア語)、『A világ innenső végén』(ハンガリー語)、『Neste Canto do Mundo』(ポルトガル語)の他、アレンジを加えた『In This Corner of the World แค่วาดฝันให้โลกสวย』(この世界の片隅に/美しい世界をただ夢見て — タイ)、『謝謝你,在世界角落中找到我』(ありがとう、この世界の片隅にうちを見つけてくれて — 香港)、『謝謝你,在世界的角落找到我』(ありがとう、この世界の片隅にうちを見つけてくれて — 台湾)が付された。, エミレーツ航空の機内配信においては、すずの妹・すみが風呂に入るシーンの1カットがトリミングされている[233]。, 2016年11月22日、「映画『この世界の片隅に』の海外上映を盛り上げるため、片渕監督を現地に送り出したい」と題したクラウドファンディングが開始された[234][235]。目標金額は1080万円であったが、開始して1日経たずに支援金額が約1500万円に到達し、新規の支援を控えてもらう異例の呼びかけが行われる中[236]、最終的に約3200万円に到達した[234]。この支援を受けて、片渕は、2017年2月にメキシコ、3月に香港、6月にフランス、7月に米国、9月に再びフランス、10月に韓国、11月と翌2018年2月に再び米国、3月にモロッコとフランスへ渡航し、現地の映画祭等の上映会で舞台挨拶を行うとともに、現地メディアからの取材に応じた[237][238][239][240]。, 2017年10月7日・8日、メキシコではCineteca Nacional(国立フィルムセンター)とすず役のErika Langaricaが、9月に発生した大地震の被災者を支援するためにチャリティ上映会を行った[241]。, 2018年3月15日、Netflixによるネット配信が世界28地域[注釈 11]で開始された[242]。, 第90回キネマ旬報ベスト・テンの読者選出日本映画ベスト・テン第1位[243]/映画レビューサイトFilmarks(フィルマークス)の2016年満足度ランキング第1位(平均スコア4.39点/5点満点)[244]/ぴあの2016年映画満足度ランキング[注釈 12]第1位(満足度95.2点は歴代でも上位となる[注釈 13]。)[245][246]/Yahoo!映画「映画ファンが選ぶ!ベストムービー2017」の「泣ける」年間ランキング第1位及び「切ない」年間ランキング第1位[247]とそれぞれ発表された。映画.com発表のTwitterつぶやき数ランキングによれば、公開1週目の調査で満足度は98%であった[248]。, 劇場や地方紙などの一般投票によるランキング企画では、キネマ旬報シアター「スタッフ&お客様が選ぶ2016年に観た映画ベストテン」第1位[249]/新文芸坐ベストテン2016邦画第1位[250]/2016京都シネマBEST10選出[251]/長崎新聞「ファンが選ぶ映画ベスト3」(2016年11月~2017年10月)の日本映画第2位[252][253]/佐賀シアターシエマ上映作品歴代1位(2017年12月実施)[254]/高知新聞発表の第63回県民が選ぶ映画ベストテン日本映画第1位[255]/シネマ尾道2017年ベストテン第1位[256]/伊勢進富座2017年人気投票第1位[257]/横浜シネマ・ジャック&ベティ2017年ベストテン第1位[258]/山形のソラリス・フォーラム山形・フォーラム東根2017年公開作品ベストテン日本映画第1位[259]/神戸元町映画館2017年他館上映作品第1位[260]とそれぞれ発表された。, 公式ファンブックが企画され、ちばてつや、高橋留美子、ヤマザキマリら総勢61名の漫画家が本作への想いを漫画やイラスト、文章など、様々な形で表現する他、ユースケ・サンタマリア、東出昌大ら著名人や文化人が本作への想いを寄稿文や対談、インタビューなどの形で表現するなど、合わせて総勢89名が同書に参加した[261]。, 本作は第40回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、第90回キネマ旬報ベスト・テン日本映画第1位、第71回毎日映画コンクール日本映画優秀賞・大藤信郎賞、第21回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞を受賞するとともに、日本国外では第41回アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門審査員賞、第19回富川国際アニメーション映画祭長編部門グランプリを受賞し、第45回アニー賞長編インディペンデント作品賞、第21回オンライン映画批評家協会賞アニメーション映画賞にノミネートされた。監督の片渕は、第67回芸術選奨文部科学大臣賞、第59回ブルーリボン賞監督賞、第90回キネマ旬報ベスト・テン日本映画監督賞などを受賞した。またチームとして第65回菊池寛賞を受賞した。, キネマ旬報ベスト・テンにおいてアニメーション映画が日本映画ベスト・テン第1位に選出されるのは、宮崎駿監督『となりのトトロ』以来28年ぶり2度目である[305][306]。また、ブルーリボン賞、キネマ旬報ベスト・テンにおいてアニメーション映画の監督が監督賞を受賞するのは、それぞれ史上初である[305][307]。, 第67回芸術選奨は、本作について「緻密な映像・音響設計で映画ならではの深い感動を観客に体験させる。すずや家族の慎ましい生活の細部、そして、時間的、空間的な距離感がリアルに迫る。戦争を知らない世代が戦争の恐怖とともに、世界の片隅にある何気ない日常の大切さ、そして希望までを観(み)る者に静かに感じさせる」、また片渕の業績について「綿密な取材と丁寧な作画で日本映画史に残る傑作を生み出した」と評した[308]。, 第31回高崎映画祭は、ホリゾント賞[注釈 17]を監督の片渕と主演声優ののんに贈賞し、「時代を伝えること、世界を広げること、を可能にする懐の深い映画であった。企画・構成・演出・手法 あらゆる面で、この先の日本映画に一筋の光を照らした作品となった」「ゆったりと朗らかに発話するのんさん演じるすずに、私たちはその世界に心地よく誘われ、また諭された」と評した[309][310]。, 第71回毎日映画コンクールは、大藤信郎賞の贈賞について「全編、温かみのある水彩画風の美術世界と細やかな動きで彩られ、時に切り紙やフィルムに描くシネカリ技法のタッチを取り入れるなど、アニメーションでしか表現し得ない美しさと楽しさに満ちた、まさに絵に命が吹き込まれた珠玉作である」と評した[311]。, 第65回菊池寛賞は、「戦時下の広島・呉を舞台に、市井の日常を、緻密な時代考証と見事なアニメーション表現で活写。商業ベースに乗りにくいテーマを資金集めに苦心しながらも制作、大ヒットに結びつけた。」と評した 2016年11月12日(土)公開、のんが主演声優を務めるアニメーション映画『この世界の片隅に』に対する評価・感想ツイートをまとめました。作品に対しての評価・感想と、声優に対しての評価・感想の2部構成で紹介していきます。 映画『この世界の片隅に』 youtu.be “顔を覆って泣いた。 TO THE TOP コラボイヤホン 烏野高校モデル【送料無料】, この世界の片隅に 関連ニュース情報は36件あります。 こうの史代の同名漫画が原作の『この世界の片隅に』は、広島・呉に嫁いだ主人公・すず(声:のん)が次第に激しくなる戦禍の中で、日々の暮らしに工夫を凝らしながら懸命に生きる姿を温かいタッチで描いた感動作。目を覆いたくなる戦争の残酷さに触れながらも、アニメーションならではの比喩表現や、周囲から「ぼーっとしている」と言われるマイペースで優しい主人公すずのどこか抜けたキャラクターが、作品全体に明 … Vì chiến tranh mà chia ly. [312]。, 第22回AMDアワードは、本作の制作に対して年間コンテンツ賞「優秀賞」を贈賞し、「クラウドファンディングの導入やSNSでの感動の広がりは新時代を象徴していた。大ヒットとなった実績とともに、その熱意とアイデアを高く評価」と評した[313]。, 第21回文化庁メディア芸術祭は、アニメーション部門の大賞を本作に贈賞した[注釈 18]。審査委員の横田正夫は、贈賞理由として次のように評した[314]。, 『この世界の片隅に』は、刺激的で動きの激しいアニメーションの多い中、日常動作に動きの美しさを見出している点で特筆すべき作品と思われる。肩に掛かる荷物の重さや、持ち上げる時の動作のように、日常の当たり前の、普通ならば何気なく見過ごしてしまうものに、その動作を行う個人の人格の表れを見せてくれている。そうした人格を持つ個人が、実は数多く存在し、日常のこまごまとしたことに、ささやかな喜びを見出している。食事の用意から近所付き合いなど、日常がごく平凡に過ぎてゆくことが大事なのだと教えてくれる。この教えが切実なものと感じられるのは、背後に戦争という現実があるからでもある。しかし翻ってみると、われわれの周辺には、大きな災害がいきなり襲い掛かってくることもある。『この世界の片隅に』の描いている現実は決して遠い過去のことではなく、まさに今の日本にもあり、かえってより切実となっているとも言えるのであろう。, 上表記載の他、FM802「Ciao! 『この世界の片隅に』(このせかいのかたすみに)は、こうの史代の同名漫画を原作とする、片渕須直監督・脚本、MAPPA制作の長編アニメーション映画。2016年公開。昭和19年(1944年)に広島市江波から呉に18歳で嫁いだ主人公すずが、戦時下の困難の中にあっても工夫を凝らして豊かに生きる姿を描く[64]。, 配給は東京テアトル。2016年11月12日に日本国内63館で封切られた後、公開規模を累計484館(2019年10月31日時点)まで拡大し、2019年12月19日まで1133日連続でロングラン上映された。この記録は、日本国内の映画館における中断日のない連続上映としては洋画・邦画含めて史上最長である[65][66]。累計動員数は210万人、興行収入は27億円を突破し、ミニシアター系作品としては異例のヒットを記録した[67]。また公共ホールなど約450の会場で上映会が行われ(2018年1月時点)[68]、日本国外では世界60以上の国と地域で上映される。制作の足がかりとなる資金をクラウドファンディングで一般から調達したことでも知られる[69]。, 本作は第90回キネマ旬報ベスト・テン日本映画第1位、第40回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、第41回アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門審査員賞、第21回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞などを受賞した。監督の片渕は、第90回キネマ旬報ベスト・テン日本映画監督賞、第59回ブルーリボン賞監督賞、第67回芸術選奨文部科学大臣賞などを受賞。またチームとして第65回菊池寛賞を受賞した。, この他、約40分の新規場面を付け足した別バージョン作品(長尺版)として『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が2019年12月20日に公開された[70][71][72]。さらにこれと関連して、ドキュメンタリー映画『〈片隅〉たちと生きる 監督・片渕須直の仕事』が同年12月13日に公開された。, 1944年(昭和19年)2月、18歳のすずは広島から軍港のある呉の北條家に嫁ぐ。戦時下、物資が徐々に不足する不自由さの中、すずは持ち前の性格で明るく日常を乗り切っていたが、翌年の空襲によって大切なものを失う。広島への原子爆弾投下、終戦。それでもすずは自分の居場所を呉と決め、生きていく。, なお原作と映画の差異について、人間行動学者で早稲田大学文学学術院教授の細馬宏通が著書『二つの『この世界の片隅に』-マンガ、アニメーションの声と動作-』に記しており、その連載(全18回)をウェブで閲覧することが出来る[85]。, 片渕監督の前作映画『マイマイ新子と千年の魔法』(2009年)にコトリンゴが主題歌を提供していた縁で、まずコトリンゴのアルバム『picnic album 1』に収録されていた「悲しくてやりきれない」を本作の予告編にすることが決まり、続いて本編の主題歌や劇伴もコトリンゴが手掛けることになったという[102][103]。, 2010年8月、片渕自身がこの作品のアニメーション映画化を企画し、こうのに許諾を請う手紙と自作『マイマイ新子と千年の魔法』のDVDを送った[107][108]。こうのは1996年に放送された片渕のテレビアニメ『名犬ラッシー』にあこがれ、「こういう人になりたい、こういうものが作りたいと思う前途にともる灯」として捉えていたため、アニメ映画化は「運命」と喜び、この手紙を枕の下に敷いて寝たという[109][110]。, 片渕は2010年5月から何度も深夜バスで広島に通い[80]、後知恵を徹底的に排除した上で、多くの写真を集めたり、70年前の毎日の天気から、店の品ぞろえの変化、呉空襲での警報の発令時刻に至るまで、すべて調べ上げて時代考証をさらに重ね、原作の世界にさらなるリアリティを加えた[82][111][112][113][98]。「理念で戦争を描くのではなく実感できる映像にしたかった」とディテールにこだわり、広島弁と呉弁の微妙なアクセントの違いから[114]、高角砲の着色弾の色彩の再現のほか[82][77]、劇中で登場する戦艦大和の入港[115]、及び艦上での手旗信号の内容も解読できるように作られている[82]。, アニメーションの手法としては、人物の動作を緩慢に描き、動きの幅が小さな動作にも中割りの作画枚数を割くことで、嘘臭さのない生活感を表現することが試みられている[80]。通常のリミテッドアニメでは、もっと動きにメリハリをつけて作画枚数を省略しつつ見栄えを良くする手法が用いられるが、本作の作風には合わなかったため、敢えて手間のかかる表現が用いられた[80]。また映画の後半、すずが空襲で目の前で家族の命を奪われ、自らも負傷して絵を描くための右手を喪失し生死の境をさまよう場面は、フィルムに直接傷を書き込んで作画するシネカリグラフィ(フィルムスクラッチ)と呼ばれる手法を模した表現になっているが[116][117]、これはカナダの映像作家ノーマン・マクラレンの作品『線と色の即興詩』のオマージュで、原作漫画の該当場面で多彩かつ実験的な手法が用いられていることを踏まえた表現である[116][117]。, 2012年8月17日にTwitterにて制作発表、翌日より第一弾ポスターが広島県・山口県を中心に展開された[118]。アニメーション制作は、本作の制作を目的に丸山正雄が2011年6月に設立したMAPPA[119]。ポスターの作画は浦谷千恵。制作状況は、監督によってWEBアニメスタイルのコラムで連載された[120][121]。また広島フィルム・コミッションは2011年からロケハン案内、資料収集、録音などの制作サポートを行った[122]。, 片渕の熱意は周囲を感化し、広島を中心にアニメ化を望む声は高まっていったが、資金調達のめどは一向に立たなかった[108]。その打開策となったのがクラウドファンディングであった[108][123]。2015年3月9日からはスタッフの確保やパイロットフィルムの制作を目的に、クラウドファンディングを開始し[107][98]、当初目標の2000万円を8日後の3月18日午前2時50分に達成[124][125]。最終的に5月末まで日本全国47都道府県3374人の支援者から、3912万1920円の支援金を集めた[107]。支援者数は国内クラウドファンディングの過去最高人数で、支援金額も映画部門では国内最高記録であった[113]。, 片渕は原作の要素の大部分を盛り込んだ150分のプログラムを予定していたが、4億円とされる製作費の調達は困難だったため、プロデューサーとの話し合いの末いくつかのエピソード(おもにリンに関するもの[78])を省略することにより、120分のプログラムに変更し、製作費を2億5000万円まで抑えた[62]。これにより2015年6月3日に製作委員会が正式に発足[107]、東京テアトルが配給することとなった。ネットニュースなどで広く報じられ、同日「『この世界の片隅に』を支援する呉・広島の会」が発足した[107]。, 主人公のんの起用は、片渕がすずの非常に喜劇的な部分と繊細な内向性を持つキャラクターが絞られてくると思っていた矢先に『あまちゃん』を観て、イメージにぴったりと、のんにオーディションの参加を依頼[126][127]。後日、のんから手紙で「私がすずさんをやりたい!」と気持ちが詰まった返事が来て、それを読み、映画を必ず完成させると決意した[113][126][128][129]。収録は2016年7月下旬に始まり8月中ごろまで続いたが、のんは毎日、広島弁を収録した台詞とテープを聞き、友人との会話でも広島弁を使っていたという[86][126][130]。のんの広島弁は違和感なく、すずに命を吹き込んだなど、称賛された[111][131][132]。広島弁の指導はのんも含めて広島出身の北條サン役新谷真弓と呉出身の栩野幸知が行った[107][133]。, 2016年10月28日に第29回東京国際映画祭にてワールドプレミアが行われ、同年11月12日に日本国内で封切られた[134]。公開時のキャッチコピーは「昭和20年、広島・呉。わたしはここで生きている。」「日本中の想いが結集!100年先も伝えたい、珠玉のアニメーション」[135]。, 封切り日の公開館数は63館であったが、規模を徐々に拡大し、累計484館に達し(2019年10月31日時点。最大同時公開劇場数は301館(2017年2月18日~24日))[65]、2019年12月19日まで1133日連続上映された(翌12月20日に『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が公開(後節参照)。)[136]。2017年5月には、映画館以外でも全国各地の公共ホール、小学校から大学までの各種学校、野外などでの上映会が企画され、上映されるようになった[137][138][139][140][68]。公共ホールなどでは2018年1月までに約450の会場で上映会が行われた[141][68]。英語字幕版の上映も行われた[142][143]。, ロングラン上映に関して、特に茨城県土浦市に所在する映画館『土浦セントラルシネマズ』は2017年2月18日からの上映開始であるものの、当劇場での上映だけでも連続上映日数が1035日を記録し、ファンからも一種の「聖地」として扱われており、片渕自身も当作品について語る際には土浦セントラルシネマズを引き合いに出すことが多い[144][145]。なお『土浦セントラルシネマズ』は『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』を公開初日から上映を開始することに伴って先作の上映を2019年12月19日で終了したため、連続上映日数が上述のように1133日で途切れることとなった[136]。片渕の調査によれば、これは日本国内の映画館においては洋画・邦画含めて史上最長の連続上映記録であるという[66][注釈 3]。, 封切りから1年となる2017年11月12日以降の上映は、一般発売用ブルーレイディスク・DVDの為に細かな作画や彩色など一部修正したバージョンに切り替えられた[148]。なお、2017年9月6日に封切られたフランスの上映には、当初から同バージョンが使用されていた[149]。, 公開直前に開催された広島国際映画祭2016でヒロシマ平和映画賞を受賞したが[150][151]、この時点ではマスメディアで扱われることはほとんどなかった[132][152]。一方で、公開前の早い時期から試写後の反応で「本年度ナンバー1」との呼び声も上がり、多くの評論家・著名人・アーティスト・クリエーターから高い支持を受けていた[153]。こうして迎えた公開初日には主要劇場で全回が満席となり、上映終了後には拍手が沸き起こった[154]。配給元・東京テアトルの直営館であるテアトル新宿では1か月以上連日満席・立ち見となり(立ち見すら売り切れて札止めになるというあまりないことが続いたという)[155]、同館の過去10年間の週間興収で最高記録を塗り替えた[74]。一方で、地方の劇場ではガラガラのところもあり、宇多丸は作品の評判をきちんと広げる必要があると述べている[156]。, 映画.com発表のTwitterつぶやき数ランキング[注釈 4]では公開2週目で3万5000件超(前週比739%)を記録し、8週に渡って1位であった『君の名は。』を上回り首位に立った[157]。本作のSNSの拡散・口コミ効果について、NHKは「SNSによる口コミ効果が爆発的に広がっている作品」と紹介し[158]、シネマトゥデイは「本作の人気の沸騰ぶりは尋常ではない。事前に作品を観た著名人や批評家らが軒並み絶賛してネットに拡散」と分析した[74]。アンケート調査では、鑑賞後に不特定多数へ向けてSNS等に感想を投稿した割合が22.6%となり、他ヒット作の15%前後[注釈 5]と比較して高いという結果が出た[159]。, 興行成績[注釈 6]は、小規模公開ながら初登場10位にランクイン[154]。公開2週目は初週の興行収入・動員をさらに上回り、3週目・4週目もさらなる右肩上がりを記録。4週目には異例のジャンプアップとなる4位に浮上した[158]。こうして公開初週から15週にわたり週末興行成績のトップ10入りを果たした。, その後、公開216日目となる2017年6月15日に累計動員数200万人を突破した[160]。2018年11月12日時点の累計動員数は210万人、興行収入は27億円[63]。これにより東京テアトル配給の劇場用映画としての史上最高記録を更新した(従来の記録は5.2億円[注釈 7])。, 日本国外へのセールスは、ロンドンに拠点を置くアニマツ・エンタテインメントが代理人を務める[225]。英語版のキャッチコピーは『Torn apart by war. インタビュー 2020/10/3 21:30 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のん、声優抜てきの秘話とは?片渕須直監督が読者の疑問に次々回答! 『「この世界の片隅」を生きる 〜広島の女たち〜』堀和恵 著(郁朋社、2019年7月24日)、isbn 978-4-873-02700-5 『「この世界の片隅に」こうの史代 片渕須直 対談集 さらにいくつもの映画のこと』(文藝春秋、2019年11月29日)、isbn 978-4-163-91135-9 FAN 2017 - XIV Festival de Anime de Navarra, 『この世界の片隅に』がアヌシーとザグレブにノミネート! アヌシーのノミネートには『聲の形』『夜明け告げるルーのうた』も, kono sekai no katasumi ni / in this corner of the world - grand competition feature film. in this corner of the world . 【アニメイトタイムズ】『この世界の片隅に』は、こうの史代の同名漫画を原作とする、片渕須直監督・脚本、mappa制作の長編アニメーション映画。こちらでは、映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のあらすじ、キャスト声優、スタッフ、オススメ記事をご紹介! 15TH ANILOGUE INTERNATIONAL FILMFESTIVAL / 29.11. ニュース 2020.09.25 映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』Blu-ray & DVD 本日発売!. この世界の片隅にのアニメ映画化気になるあらすじ時は1944年昭和19年にすずさんは18歳で広島から軍港のある呉の北条家に嫁ぎます。見知らぬ土地で海軍勤務の北条周作の嫁となり新しい日々が始まりました。ですが戦時下の為、物資がどんどんなくなって Filmart: Japanese hit animation 'In This Corner Of The World' scores sales, 5th Helsinki Cine Aasia 2017(ヘルシンキシネアジア映画祭), 20th Holland Animation Film Festival (オランダ・アニメーション映画祭), アニメ好きは必見!コスプレコンテスト「Comic Con Nepal」開催のお知らせ, В ЭТОМ УГОЛКЕ МИРА / KONO SEKAI NO KATASUMI NI, In this Corner of the World (Kono Sekai no Katasumi ni). ເທດສະການຮູບເງົາຍີ່ປຸ່ນ ຄັ້ງທີ Ⅱ ທີ່ນະຄອນຫລວງວຽງຈັນ The 2nd Japanese Film Festival in Vientiane, LUXEMBOURG CITY FILM FESTIVAL/Du cinéma engagé pour les jeunes, Festival International de Cinéma d’Animation de Meknès - du 16 au 21 mars 2018 - Meknès, Προβολή ταινίας Anime "In this corner of the world" στο Bright Side, BARNAKVIKMYNDAHÁTÍÐ/IN THIS CORNER OF THE WORLD, We expect following line-up of the 12th edition of JAFF, Japan-Sri Lanka Expo 2018 to open on April 21, https://webnewtype.com/report/article/92131/, 映画「この世界の片隅に」で描かれたすずの右手と世界の繋がり 藤津亮太のアニメの門V 第17回, https://www.youtube.com/watch?v=Hu8tBzAYn0U, https://webnewtype.com/report/article/92129/, 『この世界の片隅に』に「反戦じゃないからいい」の評価はおかしい! “戦争”をめぐる価値観の転倒が, “「この世界の片隅に」をめぐる“国旗”論争 政治的意味合いを回避したあるセリフとは”, http://www.sankei.com/premium/news/161126/prm1611260016-n2.html, “のんがアニメ映画「この世界の片隅に」で主演、「地面からふわっと浮いちゃいそう」”, 映画「この世界の片隅に」幻の30分拡張版が製作決定か プロデューサーが“さりげなく”ツイート, https://web.archive.org/web/20170113101312/http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3916/1.html, https://otocoto.jp/column/no-musicno-movie004/, http://www.cinra.net/interview/201611-kotringo, https://web.archive.org/web/20170114101301/http://konosekai.jp/production-note/, 対談インタビュー 劇場用映画「この世界の片隅に」×セーラー万年筆タイアップ特別企画, https://web.archive.org/web/20161122095909/http://www.nhk.or.jp/ohayou/digest/2016/10/1019.html, カップルは互いをどう呼ぶのが「今の普通」なのか |梶原しげるの「しゃべりテク」|出世ナビ|NIKKEI STYLE - 日本経済新聞, https://webnewtype.com/report/article/92441/, ドロヘドロ、ゾンビランドサガ…アニメスタジオ・MAPPA、ヒット作の裏にある“手のかかること”をやる精神【インタビュー】, のん『この世界の片隅に』でアニメ映画初主演、広島弁のアフレコ「頑張ってしゃべりました。」, 今、『この世界の片隅に』が熱い!時を超えるメッセージが胸に迫る珠玉の一本 - シネマズby松竹, 「この世界の片隅に」東京国際映画祭に片渕須直、のんが登壇 「普通がすごく愛おしくなる作品」, 小学生対象<映画感想文コンクール2017>今夏もスタート!札幌、柏、福岡、名古屋で「この世界の片隅に」無料上映会開催, 「この世界の片隅に」上映2年。「聖地」土浦の映画館で3月17日まで片渕監督の特別ビデオメッセージも!, 20190415 DAILY NEWS 映画のまち蒲田Ⅰ歴代ロングラン1位記録 「映画『未来シャッター』平成最後」, 歴代ロングラン第1位 映画「祈り〜サムシンググレートとの対話〜」遂にロングラン上映終了!, アニメ映画『この世界の片隅に』プロモを報道できないこの国のマスメディアのどうでもよいチンケな理由, 『この世界の片隅に』公開館数わずか63館で、全国映画動員ランキング10位! 広島国際映画祭では、ヒロシマ平和映画賞受賞, 【映画評書き起こし】宇多丸、『この世界の片隅に』を語る!(2016.11.26放送), 「君の名は。」陥落、「この世界の片隅に」首位に。「ファンタスティック・ビースト」2位。- Twitterつぶやき数ランキング, http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=11347, 『君の名は。』V12で189億円突破!『もののけ』『ハウル』射程圏内【映画週末興行成績】, のん主演、片渕須直監督『この世界の片隅に』にさらなる拡がり 動員数22万人&興行収入3億円を突破、全国映画動員ランキングは6位に浮上, “『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が2週連続1位、新作3本が初登場”, http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/201612/05191140.php, “『妖怪ウォッチ』3年連続初登場1位!『スター・ウォーズ』は興収トップ!【映画週末興行成績】”, http://cinema.pia.co.jp/news/162525/69279/, “『バイオハザード:ザ・ファイナル』が2週連続で1位!10位まで先週と同じ作品がしのぎを削る正月興行”, http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/201701/04193428.php, Japan Box Office, December 31–January 1, 2017, “「妖怪ウォッチ」首位返り咲き、「傷物語III 冷血篇」は初登場9位、「この世界の片隅に」11億円突破”, 『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』が1位に返り咲き!『傷物語』が9位に初登場 (1月7日-1月8日), 綾瀬はるか『本能寺ホテル』が初登場1位!『この世界の片隅に』は動員100万人突破!【映画週末興行成績】, “『君の名は。』が驚異の9週間ぶり1位に返り咲き!新作3作品がランクイン(1月21日-1月22日)”, http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/201701/23181446.php, “【週末興行ランキング】「君の名は。」23週連続、「この世界の片隅に」も12週連続トップ10入り”, http://news.livedoor.com/article/detail/12613491/, “ティム・バートン『ミス・ペレグリン』女性ファンの熱狂的支持で1位!【映画週末興行成績】”, “『相棒』シリーズ最新作が初登場1位!シリーズ歴代最高記録でスタート(2月11日-2月12日)(2017.02.13)”, http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/201702/13181324.php, “『この世界の片隅に』14週連続トップ10入りで動員150万人・興収20億円突破!”, “『劇場版 ソードアート・オンライン −オーディナル・スケール−』が初登場1位!『一週間フレンズ。』は3位にランクイン(2月18日-2月19日)(2017.02.20)”, http://www.kogyotsushin.com/archives/topics/t8/201702/20191556.php, “『ソードアート・オンライン』初登場1位!実写版『一週間フレンズ。』は3位デビュー【映画週末興行成績】”, https://web.archive.org/web/20170330015923/http://mainichi.jp/articles/20170327/dyo/00m/200/015000c, https://web.archive.org/web/20161217130510/http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=66878, http://www.asahi.com/articles/ASK2M5STZK2MUBNB00B.html, 公開から274日目。今日、渋谷ユーロスペースで記念すべき100回目の舞台挨拶を実施致しました!, 『この世界の片隅に』パッケージリテイク版 片渕監督生コメンタリー付上映会が開催決定, “アニメ映画版「この世界の片隅に」製作委員会が異例の告知 放送中ドラマ版に「一切関知しておりません」”, http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1807/24/news102.html, のんさんが義援金 映画「この世界の-」の舞台・呉、「お世話になった町。衝撃受けた」, 「この世界の片隅に」のセルスルー先行配信がAmazonやiTunesで10日スタート, Amazon Prime Videoの上半期最多視聴洋画は「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」, 片渕須直監督「地上波で、プライムタイムで、全国放送で、ということにこだわりました」8月3日21時からNHK総合で『この世界の片隅に』地上波初放送, 地上波初放送『この世界の片隅に』の「一か所だけ違うバージョン」はどこが違ったのか?, ヒットアニメ映画『この世界の片隅に』、シャウト・ファクトリーが北米展開に向けて権利を獲得, En este rincón del mundo se dobla en Sevilla al castellano, Universum Anime stellt deutschen Cast von In this Corner of the World vor, DANS UN RECOIN DE CE MONDE - FILM ANNONCE 1, Уточнение насчёт сеансов «В этом уголке мира»: будет озвучание на русском, без субтитров, 劇場アニメ「この世界の片隅に」、海外進出のためのクラウドファンディングを開始 目標は1000万円, 劇場アニメ「この世界の片隅に」、クラウドファンディングで資金が集まりすぎて非常事態宣言 片渕監督「月へ飛ばされるかも」, “小規模公開からアニー賞ノミネートまで辿り着いた「この世界の片隅に」片渕須直 監督らレッドカーペット”, https://www.cinematoday.jp/page/A0005886?g_clk=panel_specials, FICAM 2018: BRENDA CHAPMAN, CARLOS SALDANHA ET SUNAO KATABUCHI, TROIS INVITÉS DE PRESTIGE À MEKNÈS, RENCONTRE ET PROJECTION Avec Sunao Katabuchi, En este rincón del mundo se une en beneficio a damnificados, 『この世界の片隅に』のんさんインタビュー|すずさんに出会ったことで生まれた特別な想い, “Filmarks発表!2016年最も満足度が高い映画は『この世界の片隅に』、最も観られた映画は『君の名は。』”, https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000047.000008641.html. ARASHI LIVE TOUR 2016-2017 Are You Happy? 引用元:【映画】『この世界の片隅に』のんの演技が高評価 海外でも?1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/11/26(土) 11:45:49.76 ID:CAP_USER9.net のんが主人公の声優を務めているアニメーション映画『この世界の片隅に』が好調だ。 11月12日より公開され、公開1週目、2週目ともに全国映画動 … Premier long métrage en compétition au festival du film d'animation d'Annecy et premier choc, avec ce portrait d'une jeune femme japonaise à Hiroshima avant et après la bombe. Les coups de cœur cinéma 2017 de “Télérama”, « Dans un recoin de ce monde » : les rêveries d’une ménagère dans un Japon en guerre, Meilleurs films de tous les temps selon la presse, Dans un recoin de ce monde : Critique presse, LES 5 MEILLEURS FILMS DE 2017 - COUPS DE CŒUR DE LA RÉDAC D'IGN FRANCE, Nel mondo di Suzu l’orrore arriva in silenzio. “高崎映画祭作品賞は「淵に立つ」、「この世界の片隅に」のん&片渕がホリゾント賞に”, http://www.iza.ne.jp/kiji/entertainments/news/171012/ent17101218020024-n1.html, デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー‘16/第 22 回 AMD アワード 年間コンテンツ賞「優秀賞」の授賞作品 12 作品が決定, 第38回ヨコハマ映画祭 ベスト10第1位、作品賞に「この世界の片隅に」 アニメ映画から初, https://web.archive.org/web/20170202014740/http://www.jiji.com/jc/article?k=000000341.000011710&g=prt, 毎日映画コンクール 「この世界の片隅に」が大賞、監督、音楽、主演女優、アニメーションで候補に, 恒例!雑誌”映画芸術”が選んだ日本の映画2016年ベスト&ワースト10!ここでも、ベスト1は『この世界の片隅に』だった-, “金沢で「eAT 2017 in KANAZAWA」 クリエーターによるトーク&交流プログラム”, http://kanazawa.keizai.biz/headline/2754/, 発表! Best 10 Cinemas in Sapporo 2016 (ver. Con más de 15 premios ganados alrededor del mundo llega #EnEsteRincónDelMundo. - 03.12. 監督:片渕須直 原作:こうの史代(双葉社刊) 主演:のん 音楽:コトリンゴ  映画『この世界の片隅に』Blu-ray&DVD本日(9月15日)発売!! 『この世界の片隅に』は、こうの史代の同名漫画を原作とする、片渕須直監督・脚本、MAPPA制作の長編アニメーション映画。こちらでは、映画『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のあらすじ、キャスト声優、スタッフ、オススメ記事をご紹介!, 【音楽-イヤホン・ヘッドホン】ハイキュー!! 初登場「この世界の片隅に」4位。「ローグ・ワン」8位、「オケ老人!」9位 - Twitterつぶやき数ランキング, 「2017年の映画でもう一度観たい」2本を再上映 神戸・元町映画館で「おかわり映画祭」, 松江哲明の『この世界の片隅に』評:いま生きている現実と地続きで戦争をイメージできる傑作, http://archives.mag2.com/0001536793/20161129150000000.html, http://archives.mag2.com/0001536793/20170113150000000.html, https://www.cinepremiere.com.mx/mejores-peliculas-de-2017.html, http://www.cinepremiere.com.mx/en-este-rincon-del-mundo-critica-63061.html, IN THIS CORNER OF THE WORLD (KONO SEKAI NO KATASUMI NI) (2017), IN THIS CORNER OF THE WORLD REVIEW: "AN EXQUISITE PORTRAIT OF HIROSHIMA BEFORE THE BOMB", Just watched “in this corner of the world” - beautiful and powerful filmmaking and use of drawn animation - it will stay with me, Balance de 2017 - Las mejores películas y series del año, Las 10 mejores películas de animación estrenadas en 2017, En este rincón del mundo - Crítica de la joya animada de Sunao Katabuchi, Film Review: ‘In This Corner of the World’ (Kono sekai no katasumi ni), Review A well-ordered world is upended in the exquisite 'In This Corner of the World'.

ユナイテッド シネマチケット コロナ, 小麦粉 簡単 ケーキ, カンタン ナコト 楽譜, ゆるふわ 女の子 イラスト 簡単, 小林 誠 Sns, 日本 ポーランド スタメン, 中目黒 美容室 メンズ, 天気の子 映画 埼玉, ユナイテッドシネマ浦和 座席予約 いつから, 浦安鉄筋家族 漫画 タウン, 3コインズ 名古屋 大きい,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です